公益社団法人日本地理学会賞受賞候補者の選考に関する内規

20124

この内規は,公益社団法人日本地理学会賞に関する規程に従って受賞候補者を選考するための具体的な手順を定めるものである.

1.日本地理学会賞受賞候補者選考委員会(以下,「委員会」という.)には,委員長及び副委員長(3名)をおく.

2.委員会には小委員会A,小委員会B,小委員会Cを設置し,副委員長はそれぞれの小委員会の長を務める.

3.小委員会Aは,優秀論文部門,若手奨励部門,論文発信部門を担当する.

4.小委員会Bは,優秀著作部門,著作発信部門を担当する.

5.小委員会Cは,地理教育部門,学術貢献部門,社会貢献部門を担当する.

6.小委員会Aにおいては,学会誌掲載論文について審査する.事務局で審査対象論文一覧を作成する.

7.小委員会Bにおいては,図書および本学会誌以外の論文について審査する.候補者を積極的に探すために,会員に対して自薦及び他薦を広く呼びかけるほか,代議員等に候補者の推薦を依頼する.また,地理学評論に書評が掲載された図書は,選考対象リストに加える.

8.小委員会Cにおいては,地理学関係の活動等について審査する.候補となる個人や団体を積極的に探すために,会員に対して自薦及び他薦を広く呼びかけるほか,代議員等に候補者の推薦を依頼する.

9.委員長は,小委員会の審査結果を取りまとめて,受賞候補者名およびその受賞理由について,1月末日までに理事会に答申する.
linkbanner.jpg